100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】

100歳まで生きるための健康管理を書いていきます。長生きしたい中高年のためのサイトです。info@nagaiki100.com

血糖値を下げる

骨ホルモンで血糖値ダウン、すい臓機能UP、かかと落としの効果。2017年2月15日NHKガッテ

更新日:

少し前に見たTVの健康ネタの覚書です。

2007年に発表された論文からで、医学会でここ10年前ぐらいにわかったことなのですが、

骨粗鬆症とすい臓は密接な関係があり、骨粗しょう症になるとすい臓も悪くなる。

また、カルシウム剤などで骨粗鬆症を治療すると、血糖値も下がる患者さんの例が多数報告されている。骨と糖尿病も関連があるのだ・

これらの原因は、骨で作られるオステオカルシンという骨ホルモンにあった。

実は、骨の内部には血管が多数生えていて、すい臓などの多くの臓器とつながっている。

骨で作られるオステオカルシンは、見た目は白い綿菓子のようだが食べても味がない。

しかし、このホルモンは多くの臓器とつながり活性化させているのである。

特に、すい臓の働きを活発にし、筋肉に働きかけ糖を取り込みやすくする。オステオカルシンが平均値以下の人は血糖値HbAIcが高い。つまり、糖尿病になりやすい。

この骨ホルモンは、すい臓のほかにも、脳の認知機能をUPさせたり、肝臓を活性化させたり、心臓の動脈硬化を防いだり、小腸での糖などの栄養吸収を促進したり、精巣で男性ホルモンを増やし生殖能力を高めたり、皮膚のコラーゲンに影響したり、腎臓の機能を向上させたり、など多くの臓器に影響を与えている。

現在、オステオカルシンをサプリメントにできないか研究中。豚の骨から取り出すことに成功しているが、豚骨スープを飲んでも効果は期待できないらしい。

それより、自分で簡単にオステオカルシンを増やす方法がある。

それは、「かかと落とし」と呼ばれるもので、背筋を伸ばし両足でゆっくり大きく伸びあがり、一気にかかとをストンと落とす。頭まで刺激が伝わるように。骨にストレスを与えることで骨の細胞が活性化する。

私の場合は、歯磨きしながらとか、レジで順番待ってるときにつま先立ちになり、ストンとかかとを落とすことを何度も繰り返してます。一日30回やるとよいそうです。簡単でいろんな臓器に効くのでぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

-血糖値を下げる
-, ,

Copyright© 100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.