100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】

100歳まで生きるための健康管理を書いていきます。長生きしたい中高年のためのサイトです。info@nagaiki100.com

■健康の話 高血圧

高血圧の定義と原因、食事療法や生活習慣などまとめてみました。

更新日:

【高血圧の定義】

日本高血圧学会のガイドラインによれば、診察室で測定した血圧が収縮時140mmHg以上、拡張時で90mmHg以上の場合を高血圧と定義しています。

過程で測る場合は、リラックスしているので収縮時135mmHg以上、拡張時85mmhg以上とされています。

私の場合は、ちょうど上が140で下が90ぐらいですから、高血圧と正常値の境界にいると思います。自分でもヤバイと感じていて、そのためにこういうブログを始めたのですが。

高血圧と動脈硬化は車の両輪のようなものですから、放置しておくと脳梗塞、心筋梗塞、などあらゆる怖い病気のリスクがあるわけです。

【血圧を下げる食事法】

・動物性脂肪はコレステロールを増やし動脈硬化の原因になるので控えること

・決まった時間に規則正しく3食食べること。

・飲酒や塩分の摂り過ぎに気を付けること。塩分の摂り過ぎは血圧を上げる。

・肥満は高血圧の原因になるのでカロリーを控えること。痩せれば血圧は下がる。

・特にDHAやEPAを多く含む魚を食べること。DHAやEPAは血管の壁を柔らかくし血液がスムーズに流れるようにする働きがあるので血圧は下がる。サバやイワシなどの青魚に多く含まれている。


・ポリフェノールには細胞の老化を抑制する働きがあるので積極的に摂るべきで、ナスやブルーベリーの紫、ニンジン、トマトの赤やオレンジに含まれている。イカ、サケ、鯛の皮にも含まれている。

納豆には血栓を溶かす働きがあるので特に夕食に食べるとよい。

カリウムは血圧上昇の原因となる塩分を排出する効果がある。バナナ、りんご、ホウレンソウ、パセリ、アボカドなどに含まれているので積極的に食べる。

お茶に含まれるカテキンには強い抗酸化作用があり毛細血管を強化して老化を予防し動脈硬化を防いでくれる。発行させる前の緑茶のほうがいいので、紅茶やウーロン茶よりは緑茶を選んで毎日飲む。

玉ねぎ、とくに茶色い皮の部分には血管を若返らせる成分が多く含まれている。玉ねぎの皮茶を飲むのもすごく良い。


【毎日運動をしてストレスをため込まない】


ストレスは血管を収縮させ、高血圧の原因になります。毎日30分以上の有酸素運動を行うのが理想で筋力トレーニングやウォーキングなどが適しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

-■健康の話, 高血圧

Copyright© 100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.