100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】

100歳まで生きるための健康管理を書いていきます。長生きしたい中高年のためのサイトです。info@nagaiki100.com

■健康の話 アンチエイジング

健康診断表に記載されるCRPと慢性炎症の関係 5/10NHKガッテン

更新日:

阿南さん90歳でフルマラソン完走、奥さんや息子さんとペアマラソンでギネス記録達成。

アメリカのミネソタ州、メイヨ―クリニック。ヴァンデューセン博士

人間でいうと80歳のマウス。見た目が若いマウスと置いたマウス。

慢性炎症を止めれば100歳超える。

慢性炎症止めれば心臓や腎臓もよくなるしガンのリスクも減る

寿命も延びる。ピンピンころり。病気にならず天寿を全うしたい

健康診断表。一番下のCRPが慢性炎症と深い関係。少ないほど良い。

体内で炎症が出ると肝臓からたんぱくが出る。その量

本人にも気が付かないのに動脈硬化やガンを引き起こす。

CRPが0.3~1.0は要注意。それ以上は異常。

0.3以下も好感度CRPでわかる。少数第二位まで表示される。

健康診断施設の5割で取り入れられている。

慢性炎症を引き起こしやすい特徴は

体脂肪率が男25%女30%以上の人

肥満になると脂肪細胞がどんどん大きくなり慢性炎症が起こる肥満した脂肪細胞には免疫細胞が集まって攻撃するお腹の回るの内臓脂肪、臓器についている脂肪が炎症を起こす。歯周病菌も炎症を起こす

3週間ダイエット

30分のウォーキング

ジムで汗をかく30分

野菜をしっかり3食食べて間食やめる

ダイエットでCRpは下がる

飲酒、ストレス 喫煙、高血糖 加齢 で慢性炎症を起こしCRPは上がる

納豆、マメやキノコはポリアミンが含まれ慢性炎症を抑える可能性がある

ポリアミンを与えたマウスは長生きする

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

-■健康の話, アンチエイジング
-,

Copyright© 100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.