100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】

100歳まで生きるための健康管理を書いていきます。長生きしたい中高年のためのサイトです。info@nagaiki100.com

■健康の話 心筋梗塞 血糖値を下げる

40~50代の働き盛りが心筋梗塞や糖尿病で突然死!恐怖の「血糖値スパイク」は健康診断ではわからない

更新日:

大学時代お世話になった先生が、3.11のあと心臓発作で55歳で急死されていたことを知り、ショックを受けました。口は悪いけどシャイでエネルギッシュで温かみのある先生だったのに。ちょっと太めではあるがどちらかといえばイケメンの部類だったのに。

先生はよくシュークリームなどの甘いお菓子を差し入れてくださり先生ご自身も好きだったようです。今思えば、こういう習慣が命取りになったのではないかと思います。食物繊維も取らずに、いきなり甘いものを食べる、これは中年以降は絶対にやめるべき習慣です。どうしても甘いものが食べたいなら、洋菓子はやめて水ようかんなどの食物繊維も豊富な和菓子にするべきなのです。理由は、以下の血糖値スパイクの話をお読みください。

以下、昨年10月8日放送のNHKスペシャルの覚書です。

血糖値スパイクとは、1日のうち何度か血糖値が針のように急上昇することを言います。食後だけに起きるもので血糖値が140以上に上がるとそう呼ばれるのです。

これが起きてる人は意外と多く、番組の調査では働き盛り世代の65人中20人、痩せている20代の女性でも20%の確率で起きているんだそうです。決して珍しいことではないのです。

この血糖値スパイクは、「動脈硬化」を引き起こし、突然死のリスクを高めます

血糖値の急上昇が繰り返されると細胞から「活性酵素」という有害物質が発生し細胞の壁を傷つけます。すると、それを修復するために免疫細胞が傷ついた血管壁にはいり壁を厚くし、そのために血管の内側は狭くなっていきます。そして、動脈硬化を引き起こすのです。

さらには、認知症やガンのリスクも。

糖分はすい臓から分泌される「インスリン」の働きで筋肉などの細胞に取り込まれ、そのために血液中の糖の濃度は正常に保たれています。

しかし、生まれつきの体質や食生活の乱れで細胞が糖をうまく吸収できないと、さらに大量のインスリンを出し、どうにか細胞に糖を取り込んで血液中の血糖値を正常に戻そうとします。

このインスリンの多い状態が体にすごく悪い。

ネズミの実験でわかったことですが、インスリンが多いと記憶力が衰えやすい。さらには、アルツハイマー型認知症の原因と言われる「アミロイドベータ」と呼ばれる物質が脳内に蓄積していたのです。これは、脳の神経細胞を死なせてしまう老廃物です。

また、インスリンは細胞を増殖させるので、その結果、がん細胞も増やしてしまうのです。

血糖値スパイクを予防する3つの方法

1、必ず食物繊維(野菜)⇒たんぱく質(肉・魚・大豆など)⇒炭水化物(ごはん・パン・麺類・甘いものなどの糖質)の順に食べる

食物繊維を先に摂取すると腸をおおい、糖の吸収をゆっくりにする働きがあります。

また、たんぱく質や脂質に反応して放出される「インクレチン」というホルモンは胃腸の働きを遅くする働きがあります。そのあとに糖質を摂取することで血糖値の急上昇を防ぐことができます。

2、朝食抜きはダメ!3食きちんと食べる。

朝ご飯を抜くと昼食の後に「血糖値スパイク」が起きやすくなります。さらに朝食と昼食を抜いて夕食を食べるともっと大きな「血糖値スパイク」が生じてしまいます。

空腹時間が長いほど血糖値スパイクは起きやすくなるので3食きちんと食べることが大切です。

3、食後すぐに体を動かす。

食後15分は、全身の血液が胃腸に集められ消化吸収をよくするのに使われます。この時間は血糖値が急上昇しやすいのです。

しかし、この時間に体を動かすと、手足の筋肉に血液が奪われて、胃腸の働きが鈍くなり、糖の吸収にも時間がかかり、血糖値スパイクがおきにくくなるのです。

運動するなら食後直ぐです。夕食後に散歩するとか、奥様ランチのあと電車に乗らず一駅歩くとか、効果があります。

また、市販の野菜ジュースとおにぎりで昼食を済ませてる人は要注意です。

市販の野菜ジュースは飲みやすくするために食物繊維を取り除いていたり、砂糖を加えて甘くしたりしているので、意味がありません。糖質と同じです。甘い飲み物は固形物以上に血管にダイレクトに流れ血糖値を急上昇させます。

さらにおにぎり二個で血糖値は急上昇。すごく悪い昼食です。肉や魚などのたんぱく質もありません。事前に、イヌリンやサイリウムなどで食物繊維を補給するなり、おにぎりは1個減らして唐揚げやゆで卵加え、食物繊維⇒たんぱく質⇒糖質の順番を守りましょう。

実は、私もよくやる昼食なんですけど、冒頭で書いた大学時代の先生が、身をもって健康の大切さを教えてくださったと考えて、これから気を付けようと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

-■健康の話, 心筋梗塞, 血糖値を下げる
-, ,

Copyright© 100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.