100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】

100歳まで生きるための健康管理を書いていきます。長生きしたい中高年のためのサイトです。info@nagaiki100.com

■健康の話 長生きする食事

鯖は美容と健康にいい魚。週3回以上は食べたい。

更新日:

鯖は縄文時代から日本人が食べ続けてきた魚です。

年齢をごまかすことを「サバをよむ」と言いますが、この魚の鯖からきているのです。鯖は昔から大量に撮れて価格も安い魚だったため、市場の仲買人が急いで数えなければならず、値段もたいしたことないので早口で適当に数えていたことから、年齢を適当にごまかすことを「サバをよむ」と言うようになったそうです。

そんな私たち日本人に古くからなじみの深い魚が鯖なんですが健康を支えるためにもすごく役に立つ魚であることがわかっています。

【鯖の栄養と期待できる効果】

鯖は、EPAやDHAを多く含む青魚の一種です。

EPAは血液中で血栓ができるのを防ぎコレステロールや中性脂肪の値を下げてくれます。

DHAは脳細胞や神経組織に深い関係があり、記憶力の低下を防いでくれます。日本人は魚を食べるから頭がいいのだと外国人に言われてますよね。

また、このEPAやDHAは、血液の流れをよくし、肌の新陳代謝を高めるので美肌にも効果があります。代謝が良くなると老廃物もたまりにくくなり脂肪も溶けて痩せやすい体になります。

また、鯖に含まれるたんぱく質は、アミノ酸に分解され私たちの皮膚や臓器や髪の毛や・・・体を作る原料になります。

また、鯖にはビタミンやミネラルも豊富です。

・ビタミンB2・・・脂質代謝に関係が深くダイエットに効果があります。そういえば、TVで鯖が大好きなお婆さんが出てきたが、年齢の割にスリムで食卓には好物の鯖料理が並んでました。

・ビタミンB6・・・病気にかかりにくくする免疫に関係があります。

・ビタミンD・・・カルシウムやリンの吸収に欠かせないビタミンで骨粗しょう症の予防になります。

・タウリン・・・肝機能を強化し血圧やコレステロールが高い人は積極的に摂取したいアミノ酸です。

・ミネラル・・・鉄や亜鉛などの血液に欠かせない成分のほか、セレンなどの体の酸化を防ぐミネラルも豊富です。

鯖は、成人病を防ぎ、体を若々しく保つのに非常に効果のある魚なので週3回以上は食べたいものです。

【サバのおすすめ簡単料理】

朝食に鯖の缶詰めを食べたり、サバ缶そのままみそ汁に入れても出汁が出ておいしいです。また、鯖のみそ煮缶とトマトの水煮缶を両方ドバっと混ぜて火にかけるだけで、おいしいスパゲティーソースになります。パセリのみじん切りを仕上げにのせれば、見た目もおいしそうになります。

サムネイル画像引用元

By Batholith (talk) - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12042354

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

-■健康の話, 長生きする食事
-, ,

Copyright© 100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.