100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】

100歳まで生きるための健康管理を書いていきます。長生きしたい中高年のためのサイトです。info@nagaiki100.com

■雑感

孤高の女優グレタ・ガルボの意外な言葉

更新日:

私は、20のころからスウェーデンの神秘的な女優、グレタ・ガルボの大ファンで一度でいいからあんな顔になってみたいなぁと思ってました。時代がずれるので彼女の映画は見たことないんですけど、造形の美しさにすごく惹かれてました。

外国の美人女優と言ったら、オードリーヘップバーンを挙げる人が多いと思いますけど、私はグレタガルボですね。「かわいい」というより「意志の強そうな美人」が好きだったのです。

彼女は、孤高のイメージがあり人間嫌いでファンにサインをすることもファンレターに返事を書くこともなかったそうですけど、そんなエピソードがいかにもガルボ様らしいなぁと思いました。

35歳の人気と美貌の絶頂期に突然引退し、一人暮らしで生涯結婚もせず、投資に明け暮れ莫大な財産を姪に残しました。

共演者のジョンギルバードと一時的に同棲したこともあるようですが、別れてから彼はなくなり、それがガルボのその後の生涯に影を落としたせいもあるかもしれませんが、とにかく人間嫌いで孤高のイメージを貫き通しました。

しかし、先日、彼女の発言とされる意外な言葉を見つけました。

・・・・・以下、引用

結婚をしないで、

なんて私は馬鹿だったんでしょう。

これまで見たものの中で

最も美しかったものは、

腕を組んで歩く

老夫婦の姿でした。

- グレタ・ガルボ -

このセリフはあまりにも意外で本当に彼女が言ったのかしらと私はすぐには信じられなかったのですけど、もし、本当にそうだとすれば、彼女も孤独を愛する女だったわけではなく、ごく普通の寂しがりやの女性だったのかもしれません。

それだけで自己完結している、なにも欠けた所のない完璧な美人でも、自分を支えてくれる男性を必要としていたことは、意外でした。

人がどんなに彼女を欲しても称賛しても愛しても、彼女の方は決して笑い返すこともなく媚びることもなく愛をくれることもない。そんな孤高のイメージがありそれが魅力でもあったが、どんなに美人でも独りは寂しいものなんでしょうね。特に、晩年は。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

-■雑感
-,

Copyright© 100歳まで生きるヒント【100歳ななこ で検索】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.